肌への優しさで比較したクレンジングの種類

クレンジングは洗顔料では落とせない油性のメイクを落とすことができるため、メイクをしている人には必要です。

しかしながら、クレンジングは肌に負担がかかるため、敏感肌や乾燥肌の人は慎重に選んだ方が良いでしょう。
また、普段肌にトラブルがない人にとっても、できるだけ肌に優しいものを選んだ方が安心です。

クレンジングの種類には、ミルクタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、オイルタイプ、シートタイプがありますが、これらを肌への刺激性で比較すると、一番肌に負担がかからないのがミルクタイプです。ミルクタイプは他の種類と比較すると水分を多く含んでいるため、肌への刺激は少ないものの、油性のメイクとは馴染みにくく、メイクによっては落ちないことがあります。

クレンジング口コミといえばこちらです。

また、メイクと馴染むまで時間がかかるため、肌を摩擦してしまうリスクがあります。
そのため、肌に負担が少なく、比較的メイクも落としやすいクレンジングの種類として人気があるのが、クリームタイプです。油分と水分を適度に含んでいるため、メイクと馴染みやすく、保湿性もあります。ただし、ジェルタイプやオイルタイプと比較すると、洗い流すのに少し時間がかかります。

エキサイトニュースの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

また、ジェルタイプの中には肌への負担が少ないものもあるので、選択肢の一つになります。

界面活性剤が多く含まれているジェルタイプはオイルタイプと同じくらい強い刺激性がありますが、美容成分が多く無添加タイプのものだと優しくメイクを落とすことができ、洗い流した後の肌もつっぱりません。
シートタイプは手軽に使うことができますが、界面活性剤とアルコールを含んでいる上、拭き取る時に肌をこすってしまうため、日常的に使用するのは控えた方が良いでしょう。